レーシックで失明した例は0件

レーシックとは視力回復を目的とする手術の一種です。レーザーで角膜の表面をめくって内部を削り、屈折率を調整、最後に表面を元に戻します。近視、遠視、乱視のいずれにも効果があるように、手術の前には2時間以上の眼の検査を行います。

レーシックにはイントラレーシック、エピレーシック、ウエブフロントレーシックなどの種類があります。使用器具などのクオリティに差があり、高価な器具で綺麗に削ると視力が回復しやすかったりします。

ただし、手術工程に違いはなく、どの種類を用いても1.0~1.5には回復します。どちらかというと、角膜が薄い人や目を痛めやすい人でも受けられるように進化しました。

レーシックは脚光を浴び続けていますが、それは手術の時間が極めて短く、負担が少ないことが理由の1つに挙げられます。両目を手術しても、20分もあればたいていは終わります。

手術費用も15万円くらいで手が出せない金額ではなく、視力の回復もすぐに現れます。早ければ1日で目標の視力になります。数日は安定しない感覚が続きますが、3日もすれば違和感はなくなります。

「眼鏡をかけたくない」と思う人は多いです。おしゃれでかけたくても、レンズは目の大きさを小さく見せてしまいます。

また、コンタクトは目に異物を混入するので、目が傷つきやすくなります。特にハードレンズはゴロゴロしやすいので、目を痛めている感覚がすぐにわかります。逆にソフトレンズは感覚がない分、知らずのうちに目に炎症が起こる可能性もあります。

眼鏡やコンタクトは肩こりや頭痛を引き起こす原因にもなりえますので、そういう意味でもレーシックをおすすめしたいです。

レーシックは目の奥にある組織まで変えるわけではなく、あくまで目の表面を削って、屈折率を調整するだけです。そのため、目に大きな負担をかけることはありません。

手術もコンピュータで制御しているので、目が多少動いても機械が自動追跡します。ほとんどズレは生じずに、失明するを恐れるもないです。実際に失明した事件は1件も見つかっていません。レーシックの後遺症で悩む人がいる理由は、一部の悪徳医師や特殊な事故などのケースです。


前の記事     お問い合わせ